製品ができるまで
 

消防ホースは10年を過ぎたあたりから劣化が始まるため、
10年を経過したホースは耐圧性能に関する点検を行い、
異常のあるホースは交換しなくてはなりません。

点検コスト・不良率を考え、10年を経過したホースは新品に交換されています。
その多くが一度も使われていないものであり、ほぼ新品の状態です。

私達は廃棄物削減を目指し、消防ホースを生まれ変わらせ皆様にお届けいたします。

ホース洗浄


未使用の物でも、保管状態によってはひどく汚れが付いているものもあります。
綺麗なものも含め、全て高圧洗浄機で洗浄します。

乾燥・保管


洗浄したものは陰干しをします。
乾いたら巻いて室内で保管しております。

ヴィンテージホースの紹介


こちらは弊社で保管しているホースの中で一番古いものです。
とても堅いため製品化はできませんが、なんと1962年製です。

裁断・ペイント


裁断したホースに、サンライズ防災ロゴ、イラスト等を入れます。
一つ一つ全て手作業でお入れしております。
お客様のお名前や会社名をお入れすることもできます。

縫製


縫製をします。総合送りの厚物用のミシンです。

ラッピング・梱包


梱包、ラッピングをしてお客様にお届けいたします。

戻る   TOP